Days of Bike and Photos

東京ヒルクライムNARIKIステージ

いよいよ本番。

Elevation Profile
Speed Profile
Heartrate Profile
コース

先週試走した友人と参加。
夜中に車で発ち、友人を拾って中央道→圏央道で青梅まで。午前5時ごろには成木の指定駐車場に到着。そこでしばらく仮眠。8時過ぎに支度を始め、いざスタート地点へ。

60分が制限時間とのこと。先週の試走では結局86分かかってしまっているのだが、先週と違って今日はコースまでの往復100km分がないので、レースに全力を使える。とりあえず今日の目標は制限時間内での完走。

いよいよスタート。

序盤の緩やかな部分では友人の後ろをピッタリとマーク。先週はこの地点で既に離されてたことを考えると、随分調子がいい。
どうやら自分の後ろにも2〜3台ついている模様。

と、そのうちの1台が横をすり抜けていく。「ああ、抜かれてしまったか」と思ったら、先頭を走る友人を抜いたところで進路変更し友人の前に入る。どうしてわざわざ人の前を塞ぐのか不思議に思っていると、しばらくしたら友人がその人を抜いてまた前に入る。

後でわかったのだが、ローテーションだったんだな。人の後ろについて走るだけじゃなく、自分もローテーションに加わればよかった。

ほどなく友人を含めたその集団に離されてしまう。

やがて後半の急斜面区間に。先週と同じでやっぱり斜度がキツイ。帰りの自走がないので、全力で上る。急斜面は蛇行しながらひたすら進む。

試走しているのでサプライズはない。これは精神的に助かる。

最後の23%の坂に差し掛かる。後ろに一人ついている。負けてたまるか。ふと、まだ足を着いていないことに気づく。絶対足をつかないで登り切ってやる。

どうにか23%の坂をやり過ごすと、ちょっと足が残っている。ほとんど使っていなかった引き足を使って全力で加速。後ろから聞こえる「まじかよ」という声を置き去りにしてグングン上る。へへへ、ちょっと嬉しい。

ゴールが見えてきた。

例によって友人がいるw

ゴール!

52分16秒。

登りは疲れるけど、坂はつらいけど、やっぱりゴールした後の気分は最高だな。

, , ,
August 26, 2012 at 11:16 pm Comments (0)

成木を試走

来週の本番に備えて成木を試走。

Elevation Profile
Speed Profile
Heartrate Profile
コース

朝6時に家を出て、友人と待ち合わせている青梅駅まで自走。

無事合流して、そこからヒルクライムスタート地点まで。さすがヒルクライムのコース、とても閑静な場所。

コースのはじめはそんなに斜度がないのだが、スタートしてすぐに友人に置いてかれる。前回の東京ヒルクライムOKUTAMAステージでも完敗した相手なので、まあ無理はしないようにしよう。

後半になると、急に斜度が上がる。平均で10.8%だもん、それはすごい坂。

晴天の空だが、森に囲まれているためコース上は日陰が多い。それが唯一の救い。
きつい坂の連続にあえなく足をつき、しばらく道端に寝転がって休む。見上げると青空、四方はうっそうとした木々、八方から降り注ぐ蝉の声。なんか夏休みの雰囲気満点。

数分休んで、自転車にまたがる。急な坂なので、力を入れて踏み出す。
と、後輪がずるりと空転する。苔の上に車輪がのっていたんだな。

全く平らな場所がなくてとてもキツイ。この後自宅まで自転車で帰らなきゃいけないので、よっぽど棄権しようかと思った。でも圏外で友人に電話が通じないしw

それでも我慢して登っていると、疲れきったところでものすごい勾配が現れる。あとで調べたら23%だって。恐るべし。

どうにか乗り越えてしばらく行くと、前方に友人の姿が。坂道が永遠に続きそうな気がしてきたところだったので「そこがゴール!?」と確かめてしまった。やっとたどり着いた、うれしー。

ボトルの水はもう底をついていてのどはカラカラ。友人があっちに水があるよ、と教えてくれる。

「生水だから飲まないほうが…」という忠告をガン無視して、ゴクゴク飲む。山育ちのイナカモンは、こういう水を飲んでも全く問題ないのだよ。

友人は数十分も前に着いていたらしい。ちくしょう、来週の本番はまたきっと負けるな。

東青梅で昼食を採り、初台の自宅まで新青梅街道で帰る友人とそこで別れる。
こちらはいつもの多摩川サイクリングロードをゆっくり帰る。
自宅に着いたのは夕方6時頃。

都合12時間かかってしまったが、ヒルクライム付きの138kmのロングライドじゃしょうがないよな。

, ,
August 19, 2012 at 10:40 pm Comments (0)

伊勢参り(復路)

復路はお伊勢参りから。

Elevation Profile
Speed Profile
Heartrate Profile
コース

ホテルを出て内宮を目指す。三重県に詳しい吉田さんから、伊勢神宮の歴史や内宮と外宮があること、20年ごとに正殿を造り替えて神座を遷すことなどを教えてもらう。ちっとも知らなかったよ、勉強になるな。

参拝後はおかげ横丁でおみやげの赤福を買う。

自分のリュックだと水平を保てないなと思っていたら、吉田さんがサドルバッグに入れてくれるとのこと。あれ、いつもの吉田さんだったらそんなこと言わないのに、今日はやけに優しい。

鳥羽のフェリー乗り場のそばで、ちょうどいい時間なので昼食。今日も手こね寿司+伊勢うどん!

有名な店みたいで、とってもおいしい。

フェリーで伊良湖岬まで渡ったら、「もう疲れたから、先に行ってよ。」とのこと。
「で、駐車場まで行って、車で迎えにきて」
「赤福は人質に預かっとくから」
だって。おもろすぎ。

「人質が大切だったら、メロスみたいに急いでね」との声を後ろに、昨日来た道を、今度はサイクリングロードではなく国道42号線を爆走w

ほとんど休まず時速30kmでとばして、どうにか駐車場につく。汗を拭いて、着替える。電話をすると道の駅田原めっくんはうすで待ってるとのこと。車で迎えに行きましたよ。赤福を返してもらいにw

やっぱり浜松なので、晩飯はうなぎを。

うまいうまい。

浜松を出たのは夜の9時ごろ。そこから新東名を使って帰る。
吉田さんは先に猛スピードで去っていったが、こちらは眠いためSAごとに休憩を取る。足柄のあたりを走ってる時に「家についた」との連絡。速すぎw
結局こちらは自宅についたのは午前4時くらい。さすがに遠かったな。

, , ,
August 8, 2012 at 7:22 am Comments (0)

靴がない。(伊勢参り – 往路)

吉田さんと泊まりがけのサイクリングツアーに。
一日目は豊橋から伊勢まで。

Elevation Profile
Speed Profile
Heartrate Profile
コース

車を高師駅の駐車場に停めて、いざ出発。
快晴の中、遠州灘沿いのサイクリングロードを伊良湖岬を目指して走る。

しかしこのサイクリングロードは、みみずの死骸が多い。横の草むらからつい出てきてしまって、熱射で息を引き取ってしまったのだと思うが、多いところでは1平方メートルあたり100体以上もある。避けるのにも限度があり、つい踏んでしまう。

またあまり整備に手がまわらないようで、砂も多い。乾いた砂は車輪の直進性能を奪ってしまうので、急ハンドルをしないようにとても気を使う。
そしてついには、こういう状態に。

数十メートルにわたって砂で覆われており、とても乗車したままではやり過ごせない。

しばらく行くと今度は階段に遭遇。

いやいや、この階段を自転車に乗ったまま行く人は、きっといないと思いますよw

伊良湖岬からフェリーで鳥羽に渡る。

昼食は鳥羽で手こね寿司と伊勢うどん!

おおー、この間テレビで見た伊勢うどん、そのままだ。コシが全くない。

そこからちょっと峠を超えて伊勢市街地のホテルにチェックイン。あ、普段履きの靴を車に忘れた。

7:00pm、吉田さんと夕食に繰り出す。靴底のクリートをカタカタ言わせながら伊勢神宮の外宮付近に行ってみるが、観光地の夜は早い。どこももう閉まってる。

iPhoneで調べて、遅くまで営業していて、かつ美味しそうな店を発見。タクシーで。
食べたのは伊勢海老のコース!





うまかったー

, , , ,
August 6, 2012 at 10:58 pm Comments (2)

河口湖でトレーニング

友人の通うスクールのトレーナーが河口湖で練習走行会を開くとのことで参加させてもらった。

Elevation Profile
Speed Profile
Heartrate Profile
コース

トレーナー2人+トレーニー5人で河口湖の道の駅を基点に西湖や本栖湖を周る。走りを見てトレーのーの方が随時いろいろ指導してくれる。教わったポイントは以下。

  1. ペダリングに無駄がある。6時のところまで踏み込むのではなく、3時まで踏み込んであとはすっと力を抜く
  2. 右膝が若干外を向いているので、まっすぐ前を向くように
  3. 全般的にタイムを縮めたいなら、減速後の加速を改善するために、ブレーキをかけたら同時にギヤも落とすよう心がける。特にカーブを抜ける時の加速はこれでかなり改善される

下までペダルを踏み込んだほうが当然力が大きくなるが、踏み込みが下死点に達するということはそこで力が無駄になっているということ。なるほど開眼だった。

走行中、何やらカタンカタンと異音がする。どうやらGARMINのスピードセンサーが傾いてスポークのマグネットに接触している模様。走りながら左足でセンサーを動かしてみる。と、突然「バシューン」とすごい音が。パンクしてるしw 降りてみてみたら、バルブの上半分が完全にもげている。どうやらセンサーがバルブにもろに衝突したようだ。トレーナーの方が手伝ってくださったおかげで10分程度でチューブ交換。

走行会の仕上げは御坂みちを天下茶屋まで、10kmで470mを登るヒルクライム。トレーニー5人中4番目で登り切った。見下ろす景色がきれいだった。

, , ,
August 4, 2012 at 10:38 pm Comments (0)

« Older Posts

meiwaku-no-wana@pub.motokado.com