Days of Bike and Photos

山手の坂 »« 富士山ぐるり

長瀞

友人と紅葉を撮影に長瀞まで。

Elevation Profile
Speed Profile
Heartrate Profile
コース
先週の富士山一周と同じ格好で望む。

  • アンダーウェア+長袖ジャージ
  • ビブタイツ
  • 指だしグローブ

先週はウィンドブレーカーを携行したのだが結局バックパックの中で荷物になっていただけだったので、今日は家においていく。

7:30amには車で家を出たのに、環八が混んでいたこともあり吉見からのサイクリングスタートは10:45am頃。玉淀ダムの時点で2:45pm。明るいうちに車まで帰りつけないことを覚悟。しかしこの景色はきれいだな。

指先がかじかみ始めたので、途中で見つけたmont-bellで指先まであるグローブを購入。

長瀞岩畳についたのは4:00pmごろ。さすが紅葉がきれい!

長瀞を出た途端に暗くなり始める
そして気温も下がり始めるw
ウィンドブレーカ持ってくればよかったと後悔し始める

往路が5時間強だったので、吉見に帰り着くのは9:00pm頃。絶望的に長い。何よりつらかったのは、つま先。SPD-SL対応のシューズにSPDビンディングをつけているから、つまり3つ穴があるのに2つしか塞がっていないから、靴底には1つ穴が開いている状態。ここから新鮮な空気が絶え間なく入ってくるもんだから、とにかく、つま先がかじかむ。痛いくらい。でもどうしようもないので我慢してひたすらペダルを踏み続ける。先週から苦行続きだ。

ただ復路は予想外に進みが早い。ルートラボで見つけたコースをEdge 800に入れておき、往路はそれを参考にしていたのだが、復路は友人の野生のカンに頼る。これがものすごい。今どのあたりを走っていて、荒川がどの方向にあり、往路ではどの道を通った、といったことを把握していて、常に最適な脇道を選ぶ。往路にあった長い砂利道やきつい峠を避けつつ最短距離を走るので、時間が大幅に短縮される。結局4時間で帰ってこれた。おじさんありがとう!!

車に戻って、暖房にあたったときは本当に嬉しかった。つま先を暖房の噴出口にさらしてマッサージしたよ。

自宅に帰ってきたら、先日Amazonで購入したシューズカバーが届いていた。

今日のLearnings:

  • 気温が2°Cまで下がる日は、グローブは指先までのものを
  • シューズカバーも必須
  • 100km超えるライドは、7:00amにはスタートする

November 26, 2011 at 11:38 pm
Leave a Reply or trackback

meiwaku-no-wana@pub.motokado.com